【ギアレビュー】アルミキャリーワゴン C2-534-KH【DOD(ディーオーディー)】

■ ALUMINUM CARRY WAGON アルミキャリーワゴン C2-534-KH
http://www.dod.camp/product/c2_534/

今回はDODの「アルミキャリーワゴン」のギアレビューです。こちらはDOD製品の中でもNo1におススメの商品です。元々旧バージョンのフォールディングキャリーワゴンを持ってたのですが、キャンプ時に車に乗せる都合上「軽い方が良い!」という事で、新しくそして軽いこちらの商品を購入しました。フォールディングキャリーワゴンと比べると「耐荷重」「最大容量」「製品サイズ」などの基本スペックは変わらず、どちらかと言えば上位バージョンとなるため、今買うなら断然こちらだと思います。価格だけはどうしても高くなりますが、耐久性もありますし、買い直しはほぼないと思えば価格差は気にならないですね。

あとはColemanなど他メーカーのワゴンも同じように発売されていますが、アウトドアイベントや外遊びに行くと結構被る事も多いので、オリジナリティを求める場合だけはフォールディングキャリーワゴンの方がカスタムできて良いのではないでしょうか。



我が家の基本的な使い方としては以下の通り。

● キャンプに行く際の、部屋と駐車場の往復移動(マンションのため)
● 外遊びに行く際の、荷物+子供(十分入ります)の持ち運び
● その他、コストコや帰省時の荷物が多い場合の持ち運び

正直な所、これなしではもう生活できないくらい活用しています。

容量については、上に積み重ねれば160L以上は余裕で入りますし、パンパンに入れた重たいクーラーボックスでも、寝てしまった子供達でもなんでも運べます。ちなみに我が家のキャンプでは限界まで積んだワゴンを2往復すれば後部座席の荷物が大体入ります(最近ははみ出てきた)。写真では無印の特大コンテナを入れてますが、周りにスペースもできるし、上に重ねやすいので最近はセットで活用しています。

悪い点については基本的にありませんが、底面にある上に引っ張るための「持ち手」が最初からほつれて糸が切れてました。この辺りは当たりはずれの問題ですし、接着剤なり縫製なりで対応すれば良いのであまり気にしていません。

慣れない内は操作するのが若干難しいかもしれませんが、基本的には引っ張る+細かい操作が必要な場合は後ろから押す、で難なく動かせます。積載が多くて動かしにくい場合は力持ちの男性にやってもらってくださいね。キャンプ以外でも活用できる場面がありますので、一家に一台、是非買ってみてください!



最後まで読んでいただいてありがとうございます!
ブログランキングに参加していますので、
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします(^ω^)
にほんブログ村
1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)