【まとめ】Design Ohasu Days(大蓮公園)キャンプ&デイキャンプ【2021.10.03 キャンプレポート】

先日のDODインスタライブで紹介のあった、史上初となるDODプレゼンツのキャンプパーク「Design Ohasu Days(デザイン オオハス デイズ)」へデイキャンプに行ってきましたので、そちらについてご紹介したいと思います。
※今回はデイキャンですが、キャンプもできるので、ひっくるめて「キャンプレポート」にしました

ちなみに「 DODプレゼンツ 」とは謳っていますが、DOD自体が運営しているのではなく、DOD製品を中心にDOD要素がたくさん詰まった「公園内のカフェベースの施設+ソト遊び」というのが表現として近いのではないでしょうか。みんな大好きDODお兄さん・DODお姉さん・なでさんは居ないので、勘違いして会いに行かないようにご注意くださいね!

そして最初に言っておきますが、コロナ禍で大変な最中、2021年10月1日にオープンしたばかりでまだまだ不安定・不確定な事ばかりな状況です。傍から見てもスタッフさんは暗中模索で頑張っていらっしゃるので、多少のトラブル・不都合・不条理を許容できる心の広い方にはお勧めできるのですが、そうではない方はあまり急がず、色々と落ち着いてから遊びに行く方が安心・安全だと思います。急がば回れですよ!

今回のレポートは「デイキャンプの実体験」「スタッフさんからのヒアリング」によって情報をまとめていますが、状況はどんどん変わって行く可能性があるため、正確・確実な情報は公式まで問い合わせ頂くようお願いします。

2022.3.17最終更新
キャンプエリア周辺にてWi-Fi利用可能に(公式インスタグラムより抜粋)

またこちらのページに間違った情報があれば、なるはやで修正させて頂きますので、関係者の方からの連絡もお待ちしております。

・・・

■キャンプについて

主なルール

  • サイト
    • 全10サイト(明確な区画はなく10m × 6mの目安)
    • 1サイトは6名まで
    • 乗り入れ不可(近くに駐車場あり。キャリーワゴン推奨)
    • ペット可(リード必須)
    • 直火不可
  • CI/CO
    • チェックイン:13:00、チェックアウト:11:00
    • アーリーチェックイン:11:00より¥1,000(※前日の状況による)
    • 受付場所はカフェの注文受付と同じ窓口
  • 利用料金
    • 宿泊基本料:¥2,500
    • 大人:¥1,000/名、小人:¥500/名、幼児無料
    • 駐車料金の割引あり(詳細は「Design Ohasu Daysについて」に記載)
    • カード利用可
  • 申込
    • 予約サイト「なっぷ」から予約できるようになりました
  • 設備
    • ゴミ箱なし(各自持ち帰り)
    • 付近のトイレ2ヶ所(公園の屋外トイレ、施設内の屋内トイレ)
    • 洗い場4ヶ所(シンクのみで調理スペースはなし)
    • 炭捨て場あり
    • シャワールームあり(キャンプ利用者は無料。カフェの営業時間のみ利用可)
  • レンタル・販売品
    • レンタル(要予約・数に限りあり。価格はキャンプ/デイキャンプ共通)
      • カマボコテント3M:¥4,000
      • いつかのタープ:¥1,500
      • ワンタッチテント:¥2,000
      • グッドラックテーブル:¥500
      • ローローバーチェア:¥200(1脚)
      • チェアリングサービス(フード購入時にスゴイッス・ペシャコンのレンタル)
    • 販売品(売り切れ間近のため要在庫確認)
      • 放浪ソロリマグ
      • 放浪コロリマグ
      • 放浪ヒトリガマ
      • 放浪フタリパン
      • 放浪フタリザラ
      • アシュラノゴトク
      • アサダヨーブレンド
      • ゴキゲンヨーブレンド
      • モウネルヨーブレンド
      • ウサキングマグ
      • うさサンドメーカー
      • スゴイッス
      • ペシャコン
      • 薪(針葉樹):¥1,000

キャンプ可能なエリア

※右下にキャンプ関連エリアの地図と「キャンプサイト許可エリア」の記載があります

「キャンプサイトのご利用について」の看板にあるエリア、「マップ(公式)」にあるテントマークを参考にしてください。簡単に言えば、駐車場から見える芝生エリアの木の陰あたりが対象エリアとの事です。

・・・

■デイキャンプについて

デイキャンプの扱い・ルールは上記キャンプの扱い・ルールとほぼ変わらず、異なるのは利用時間と料金だけ、全10サイトもキャンプ・デイキャン共有のサイトでカウントされています。従ってデイキャンプからそのままキャンプに移行する事も相談可能なようです。以下は異なる点についてのみピックアップしています。

主なルール(キャンプと異なる点)

  • CI/CO
    • チェックイン:11:00、チェックアウト:17:00
    • 受付場所はカフェの注文受付と同じ窓口
  • 利用料金
    • 基本料:なし
    • 大人:¥700/名、小人:¥300/名、幼児無料
    • 駐車料金の割引あり(詳細は「Design Ohasu Daysについて」に記載)
    • カード利用可
  • 申込
    • 予約は「TELのみ

・・・

■BBQについて(カフェ側エリア)

こちらはキャンプ関連ではなく、カフェ側エリアにある要予約のBBQサービスで、アルコール含む飲み放題付きの2時間制との事です。当然ですが、食材などの持ち込みは不可。

  • 利用料金
    • 大人:¥3,980/名、小人:¥1,980/名

・・・

■Design Ohasu Daysについて

問合せ先

TEL072-202-8841(受付:10:00~19:00)
メールinfo@designohasudays.com
ホームページhttps://designohasudays.com/

駐車場割引

  • 税込み¥1,000以上のお買い上げで1時間無料
  • 税込み¥3,000以上のお買い上げで3時間無料
  • キャンプ・デイキャンプ利用者は最大料金¥1,000/回

・・・

■大蓮公園について

http://ohasu-park.com/

住所大阪府堺市南区若松台2-5
最寄り駅泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」徒歩約10分
駐車場タイムズ大蓮公園駐車場(31台)
※キャンプエリアのすぐ横
※基本的に混んでいて満車の事も多いです

マップ(公式)

http://ohasu-park.com/より引用

駐車場について

駐車場は最大31台ですが、キャンプ以外のお客さんも利用しますし、公園の広さに比べて狭いので、すぐに満車になりますキャンプ・デイキャンプ参加予定で、確実に駐車したい場合はキャンプ組がチェックアウトする11時前後か、午前中に遊びに来たお客さんが帰りそうなお昼過ぎくらいが狙い目だと思います。

2021.11.1より、最寄り駐車場の向かい側に50台駐車可能なパーキングがオープンしました。泉ヶ丘駅方面から来た場合に左折で入れます。割引などのルールは最寄り駐車場と同様です。

Wi-Fi

2022.3.17より、キャンプエリア周辺でも利用できる公園のWi-Fi利用が始まったようです。
ただし7:00~22:00の時間限定

  • ネットワーク名:ohasu_wifi
  • パスワード  :ohasu123

https://www.instagram.com/p/CbMKR7hv3Vp/?utm_source=ig_web_copy_link

・・・

■施設関連の紹介

トイレ

付近のトイレは2ヶ所ありますが、公園の屋外トイレ(個室は和式)はやや汚く、施設内の屋内トイレ(個室は洋式)はかなり綺麗です。 屋内を使いたい所ですが、夕方には施設が閉まるのでキャンプは屋外メインになりそうですね。

洗い場と炭捨て場

屋内いろいろ

DOD製品展示

新製品が出るタイミング等で展示品やレイアウトは日々変わっています。展示品と販売品は異なりますのでご注意ください(販売品は展示品の前に陳列されています)

・・・

■その他

キャンプエリアは芝がボーボーで場所によって長さが違いました。本来は公園運営者側で芝刈りをするようですが、かなり放置されていたようで、今回のオープンの合わせて「お客さんが来るキャンプエリア付近だけでも!」とスタッフさんがわざわざ草を刈ってくださったそうです。ホスピタリティの塊や・・・。

2021.10.12追記
10/8時点で芝刈りが行われたようです。週末の利用者のために急いで頂いたようで、やはりホスピタリティの塊ですね!

・・・

そんな訳で今回は初のデイキャンレポートに加え、「 Design Ohasu Days 」さんの応援のためにいち早く情報をまとめてみました。情報が足りなくて困っている誰かの参考になれば幸いです!

・・・

余談

それはそれとして・・・お忙しい中、スタッフさんにお話を伺ったのですが、「(キャンプ場ではない)公園でのキャンプエリア運営」は非常に難しいものだと感じました。というのも今回のキャンプエリアはそもそも「公園」で、当然ながら申し込んだキャンパーさん以外も使える場所なので、お金を払って設営したテントのすぐ横に、一般の利用者さんがレジャーシートを広げてピクニックしても何も問題はないんですよね(キャンパーから見れば嫌にも思う事もあるでしょうが)。

区画を分けるためのロープは散歩している利用者さんが転ぶと危ないので張れない。キャンパー向けの施策は利用者さんとのバランスが取れなければ実施できないんですね。そこをいかにして共存するかがこちらの施設の試みのようです。いやこれメッチャ難しいですよ!

私は今回楽しく過ごせましたし今後も利用したいですが、この施設・試みを継続するためには 一般のお客さん (地域住民の方)とここに来るキャンパーとの相互理解が欠かせないです。キャンパーのマナー問題はもちろんですが、それに加えて永く継続する信頼もいるのでしょうね。と考えさせらた一日でした。

・・・

DOD公式インスタライブ

・・・

★★★★(星4)

DOD好きは皆で応援しよう!

以上、「Design Ohasu Days(大蓮公園)デイキャンプ」のキャンプレポートでした。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
ブログランキングに参加していますので、
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします(^ω^)

にほんブログ村

投稿者プロフィール

はなも
はなもはなも
Osaka Japan🏕
2017年~ファミキャン👨‍👩‍👧‍👦
ギアはほぼDODで約90種集めてます🐰
DOD製品に関する質問やコメントは大歓迎😊
「こんなネタを書いて欲しい!」というリクエストも受け付けてますので、インスタ等でお気軽にコメントを頂けると嬉しいです!