【第19回キャンプレポート】2019.7.21 若杉高原おおやキャンプ場(芝生フリーサイト)

https://ooyaski.com/camp/

2019年7月21日(日)、兵庫県養父市(やぶし)の大屋町にあります「若杉高原おおやキャンプ場」に行ってきました。こちらはキャンプ場予約・検索サイト「なっぷ」の兵庫県人気ランキングで1位のキャンプ場です。前から興味はあったのですが、大阪からは車で2時間半ほどかかるため「2泊できるなら行きたいなー」と思ってた所、今回は子供の夏休みに合わせて仕事を休み、雨予報にも関わらずぶっこんできました!雨は大変でしたが、流石1位と思える素敵な場所でしたのでご紹介したいと思います。



丁度前回行った「フォレストステーション波賀 東山オートキャンプ場」と同じルートを通り、そのまま北上して行った所にキャンプ場がありました。普段の移動は1時間半程度ですが、2時間半はなかなか遠かったです。やっぱり一泊だと移動時間が勿体ないですね。

道中は小雨。高速道路を降りるまでは30度あった気温も、現地に着くと23度。涼しくて気持ちいいですがなかなかの寒暖差です。11時頃にチェックインしましたが、既に地面はドロドロで、フリーサイトも初めてだったので斜面を車でウロウロしていたらズルンズルンに滑ってしまい、跳ねた泥で車が汚れる事態に(-_-) 何とか空いた平地に車を停めて小雨のなか設営を始めました。後で全体を見た感じ、丁度このリフト横(トランポリンの前)がベスポジ(平地+トイレ近い+お風呂近い+管理棟近い)な気がします。その後も雨はざーざー降ったり小雨になったり。何とかカマボコテントだけ立てて中でカップラーメンを食べました。

スキー場の上から吹く風が気になったのですが、外でご飯を食べたかったのでファイアグリルを外に置いてチーカマスタイルに。

チーズタープとカマボコテントの間を通る風でタープがフワフワ浮いてます。またテント内に風が吹き込むので、テントが膨らんでパンパンに(綺麗に張れてるみたいに)

周りの景色はこんな感じ。しっかりした平地がないので、皆さん斜面に車を停めて設営されてます。

雨に降られたので16時と少し早かったですが先にお風呂へ。そんなに広くはなかったですがガラガラでゆっくりできました。露天のようで露天ではない温めの外風呂があり、お風呂からは絶景サイト側が見えました(外からこちらも見える!?)。

さて初日の夕食はいつもの如くBBQ。外は変わらず雨ですが、棒付きソーセージとトウモロコシを焼いて子供は満足。肉はたれ付きの手羽先とタン。

日も落ちて来て、ここに来た目的の一つでもある「星空ハイキング」が開催されるのを楽しみにしてたのですが残念ながら中止になりました。そこそこ降ってたし、雲で晴れ間も見えないので仕方ないですね。この日はテントの中でお酒を飲みながらゆっくりしてましたが、22時頃から豪雨+強風でえらい事になってきたので早々に就寝しました。夜中はテントに叩きつけられる雨音と強風できしむテントにビクビクしてたのであまり寝れませんでした。

写真はご飯後の豪雨で、目の前に小川ができちゃってました_(:3」∠)_

翌朝。山の上には霧が出て幻想的です。テント内はぐちゃぐちゃですけどね。

予報通り、朝は一旦豪雨となりましたが、昼までには止んで来たので子供達はトランポリンで遊んでました。

トランポリンで服を濡らして怒られた子供達と一緒に「レストランきのみ(レストラン自体はシーズンオフでクローズ中)」がある屋内のキッズスペースへ。なんだか色々ありました。ランチは冷凍チャーハンと餃子(写真なし)

午後からは地面も乾いてきたので、そりをレンタルして「そり遊び(1台600円/日で返却は17時)」。子供と一緒に乗るとスピードが出て面白かったです。ゴール地点がぬかるんでる罠もありつつ、子供達は基本的に楽しそうでした。ぶつからないよう他の子達に気を使う必要はありますが、遊び放題なのが良いですね。

上からの景色はこんな感じ。

遊び終わった後の可哀そうな靴と、新しく隣にやってきたキャンパーさん。ちょっと近すぎ( ゚Д゚)

といった感じで遊んでいたら・・・何という事でしょう!晴れて来ました。今日こそは星空ハイキングが開催されると良いなと話しながら、泥だらけの体を綺麗にするためお風呂へ。

夕食は焼き上手さんで最近ハマっている「太麺焼きそば」。ご飯を食べてたら風のおかげで晴れ間も増えて来ました!

そして祈りは届き、雲はやや多いものの「星空ハイキング」は開催される事になりました!ちなみに料金はお風呂と同じ大人600円、子供400円を集合場所にて前払いです。
集合時間の20時に傾斜の中腹にあるリフトに行くとたくさんの人が待機してました。少し待つとリフトが動き出し、順番に上へとあがっていきます。7歳息子はビビりながらも一人でリフトに乗り、5歳娘はパパの膝の上に乗ります(18kg重い)。リフトを降りてから更に10分ほど山道を登って行くとプロジェクターが準備された丘に皆さん集まってました。道中は灯りがほとんどないのでランタンやライトは必須です。

星空ハイキングは丘の上に座り、星座の知識が豊富なスタッフさんの話が聞きながら、灯りのない開けた山の上で星空を見ることができます。時期によって違うでしょうが、我が家は夏に行ったので有名な「夏の大三角」などの話が聞けました。何度かプラネタリムに行ってますが本物の星空はやっぱりパワーが違いますね。夏の大三角、天の川、北斗七星等々、本当に綺麗でした。ただ途中からは雲も出てきて、さっきまで見えていた星が見えたり見えなくなったり。まぁ自然の力には敵いませんね。

星空ハイキングが終わると各自サイトに戻って行きますが、リフトは行きのみなので歩いて帰らなければいけません。いつもキャンプで子供が寝るのは大体20時。そして今の時刻は21時。息子は眠気でフラフラしながら歩きます。さっきまで娘だったものは就寝と同時に18kgの塊になっています。18kgの塊を抱えながら先の見えない真っ暗な山道を下る修行を行うこと20分、ようやくテントまで戻れました。テントに子供達を寝かしホッとするのも束の間、続いては豪雨と雷がやってきました。

夕方から晴れてたのでタープは日差し用の形にしていたのが仇となり、急な豪雨で水たまりができたタープが崩壊しました(/ω\) 最近購入した28cmのペグも吹っ飛んだようなのでまずはペグを探します。急いでレインコートを来て、雨が流れるようポールの長さを調整。見つかったペグを打ち直して整えましたが、足元はぐちゃぐちゃ。体はびしょぬれ。晩酌する元気がなくなり早めに就寝しました。

翌朝はすっかり晴れていい天気。朝ごはんはミニサイズのピザとチーズをサンドしたマフィンをトーストして食べました。

天気予報で朝しか晴れないと分かってたので、そこからは一気に乾燥タイム。気温も25度と暑いくらいになって来たので、寝袋やインフレーター、前日濡らした服たちも乾かして行きます。子供達が再びトランポリンで遊んでる間に素早く片付けて、カマボコテントも乾いて畳めたのが12時。チェックアウトして帰ってたら、途中ですぐに雨が降ってきました⊂(^ω^)⊃セフセフ

今回は初のフリーサイトでしたが、空いてた+目を付けた場所が良かったので快適に過ごせました。また強風・豪富・雷と一通り経験できたのでちょっと強くなった気がします。有料ではありますが「星空ハイキング」「そり遊び」「トランポリン」はどれも子供におススメなので、ランキング1位はなるほど感があるのですが、それに加えてスタッフさんの人柄や対応(記事に書いていない事もたくさん)も非常に素晴らしかったです。是非一度行ってみて欲しいです!

おまけ(管理棟・施設)



最後まで読んでいただいてありがとうございます!
ブログランキングに参加していますので、
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします(^ω^)
にほんブログ村
1+